エスポアこにし ブログ

兵庫県姫路市の酒屋「エスポアこにし」スタッフのブログ。 日本ソムリエ協会認定ソムリエ。 ワインや日本酒に囲まれ日夜奮闘中。 他では手に入らない現地買い付け直輸入ワインも取り扱い。 日々の出来事、お酒の紹介、当店主催のワイン試飲会など、楽しくお伝えしています。 【ワインとお酒 エスポアこにし】 姫路市飾磨区付城1-68/TEL079-237-0010/日曜・第3月曜定休/OPEN9:00-19:00

日本酒

酒蔵訪問②

翌日は広島県呉市の沖合いにある倉橋島の蔵元「華鳩(はなはと)」へ。

倉橋島へはこの高い橋(30mはあると思います)を渡ります。呉港から出航するかなり大きい船が通るのでこの高さでないと無理なんでしょうね。
P3170055







この蔵は「貴醸酒」という甘口の酒で有名な蔵。「貴醸酒」とは仕込み水に日本酒を使う日本酒。濃醇な甘口のお酒で、甘さの割にはきれいな酸味があり後口がすっきりしているのが特徴。

もともとは国賓を招いたときにフランスの甘口ワイン「ソーテルヌ」で乾杯したのを他国から「なんで日本酒でやらないんだ!」とお叱りを受けたことから国税庁(酒税を管轄)が平安時代の酒造りを元に考案したのが貴醸酒の始まりだとか。
P3170043P3170046

P3170052
細い路地裏を抜けると古い村の中にひっそりと佇む蔵。榎社長で四代目とのこと。貴醸酒の一部はワインと同じようにオーク樽で熟成させるものもあるそうです。蔵人4人の小さな酒蔵ではありますが、若干38歳の藤田杜氏を中心に貴醸酒以外のお酒もすごく高品質なものを造っています。
P3170057P3170056

蔵見学後、試飲を兼ねて「割烹 戸田本店」へ。前どれの鯛づくし!刺身、焼き物、煮付け、てんぷら、鯛めし、小鉢、すべておいしかったです。もしこのあたりに旅行されるなら絶対におすすめの料理屋さん。歴史のある料理屋さんで、戦時中にはかの山本五十六・海軍総司令官がよく使っていたとか。窓の外をどでかい船が普通~に行き来しているのも、すごくおもしろいロケーションです。

帰りはポンポン船?で対岸へ。酔い覚ましにちょうどよかった(笑)
P3170059







酒もハイレベルです。早速仕入れます。今週末には入荷いたしますので、ぜひ一度お試しください!

しぼりたて 純米吟醸・生原酒・広島雄町 720ml 1628円/1800ml 3255円

酒蔵訪問

火・水と、島根と広島の酒蔵を訪問してきました。火曜日は島根県の米田酒造へ。「豊の秋」という銘柄の蔵元。

P3160032P3160037
P3160035P3160034
P3160036P3160033

酒の特徴はひとことで言うと「まろやか」でしょうか。お酒の旨みをそのまま残したいという米田社長の思いから、炭素濾過(炭素に成分を吸着させて濾過する方法、他にはフィルター濾過もありますが炭素濾過のほうがお酒の旨みをより残せる)を最低限に抑えているそうです。通常、できたお酒を安定させるために「濾過」という処理を行いますが、過剰な濾過は生まれたてのお酒が本来持っている色や旨みまで取ってしまいます。そこでこの蔵では本当にわずかの炭素濾過しか行わないのです。

3種を試飲させてもらいました。米田社長が「おそらく日本で一番濾過をしていない蔵(笑)」というだけあって、見事にどのお酒にもうっすらと山吹色が付いています。どれも旨みとまろやかさが共存した、いいお酒でした。

細かい温度管理などをしたくない流通ルートや売り手の都合で、過剰に濾過を行った旨みのない日本酒が多い中、こういうお酒を造っている酒蔵さんは本当にすごいと思います。

もちろん当店でも扱うことにしました↓

純米 雀と稲穂(1.8L ¥2678)
・・・「日本酒の旨みとは何か?」というのを十二分に感じさせてくれる旨口 
  の酒。旨みがあってもしつこさはなく、いい余韻を楽しめます。

3月25日頃入荷予定です。ごひいきに!

ナカタ

先週末、姫路の日本酒蔵「龍力」さんからびっくりニュースが飛び込んできました!なんと元プロサッカー選手の中田英寿さんが蔵見学に来られたそうなんです!

中田さんといえば、歴代日本人で最も海外で活躍したサッカー選手としてあまりにも有名。イタリアやイングランドのチームで活躍、日本代表選手としてもオリンピックやワールドカップでの活躍は記憶に新しいところです。私自身学生時代にサッカーをしていたので、世代は少し中田さんのほうが上ですが、超がつくほどの憧れの選手でした。


2006年の引退後は世界中を旅して回り、現在は様々な活動の中で「Revalue Nippon=リバリュー・ニッポン」という日本の伝統や文化を見直そうとういう活動もしておられます。

それで全国の数ある酒蔵の中から気になる酒蔵を回っているそうで、姫路の龍力さんに来られたというわけ。

じっくりと酒蔵見学をした後は何種類かの試飲もされたそうです。蔵元さんに聞くと中田さんが気に入ったお酒はこのあたりだったそうです↓

大吟醸 米のささやき・生(720ml ¥3360)
純米しぼりたて生 山田穂(720ml ¥1890/1800ml ¥3675)
純米しぼりたて生 神力(720ml ¥1575/1800ml ¥3150)
純米大吟醸 秋津(720ml ¥15750/1800ml ¥31500 これはちょいと高いですが

香りのあるフルーティなタイプがお好き?なようです

すべて当店で扱っています。中田さんが気に入った日本酒、ぜひ一度飲んでみてください。

龍力 蔵見学

先週月曜日、網干の蔵元「龍力」へ、酒屋の寄合&蔵見学へ行きました。年明けのこの時期には鑑評会出品酒を含めた大吟醸酒の仕込みに入っていて、蔵ではいい意味でのピーンと張り詰めた緊張感が漂っています。
P1180215P1180217

P1180222P1180223

本田眞一郎社長に案内してもらい酒造りの熱い話をしていただきました。私は4~5年前にこの蔵へ勉強がてら仕込みの手伝いをさせてもらっていたのですが、当時とはいろいろと変化していることに気づき、蔵元さんもより高品質の酒造りのために進化しているんだな~と感動してしまいました。

P1180227






これは龍力の最高級の大吟醸「秋津」(30,000円/1.8ℓ)の発酵中のもの。いわゆる『モロミ』と呼ばれるものです。酵母たちがボコボコと元気に活動しているようです。静かな部屋なのでその音がよく聞こえます。

本田社長曰く龍力の大吟醸酒の「米のささやき」という名前はこの発酵中のモロミの「ボコボコ」という音に由来しているそうです。初めて知りました

どぶろく

急に寒くなりましたね。店の入り口に置いているのぼりが、強風で飛んで行きそうです

CA3B0054








ちなみにこれ、なんののぼりかというと『どぶろく』なんです。どぶろくというとかつての密造酒として知られていますが、現在では規制緩和により一部の日本酒の蔵元などに認められています。

これですCA3B0055









十二六(どぶろく) 長野県武重本家酒造 600ml ¥1300/1440ml ¥2200

どぶろくには思い出がありまして、大学時代に寮生活を送っていた頃、寮の管理人のおじさんに「ええもん入ったんじゃ~、まあきんさいや~」(どこの地方かばれますね)と誘われ、友人数人と一緒に飲ませてもらったことがありました。濃厚な米の旨みと複雑な酸味があわさり、飲みやすいおいしいお酒で驚いたのを今でも鮮明に覚えています。飲みすぎたことは言うまでもありません(笑)

この十二六は、昔ながらのどぶろくを現代風にアレンジしたもの。それほど雑味は多くなくスタイリッシュなどぶろくといえます。

11月~3月の毎月20日頃入荷で、12月分は1440mlが予約完売、600mlだけ少し店頭在庫しています。ぜひ一度飲んでみてください。日本人が古来から親しんできた、懐かしい味わいが楽しめます。

ちなみにもう1つ、もう少し雑味の多い、ある意味こちらのほうが昔ながらのどぶろくには近いと思いますが、加西の蔵元「富久錦」のどぶろくもあります。現在品切れで、次回は12月24日に入荷となります。こちらも冬場の毎月20日頃入荷です。
0090000000292









富久錦 どぶろく 1500ml ¥2500

どちらもごく少量の入荷ですので、ご予約いただくことをおすすめします

熟成酒

11月17日、姫路の料理屋「生松」さんで「旬の味覚と冷やおろしの会」を行ないました。


PB170129PB170127

ちなみに「冷やおろし」とは、冬場に仕込んだあと涼しい酒蔵の中で半年間ほど熟成させて秋口に瓶詰め、出荷した酒のこと。
新酒に比べると味がまろやかになり、この時期の旨みの乗った食材と相性ばっちり、ということで開催。
中には激レア、当店の氷温冷蔵庫(-2℃)で熟成させた蔵元にも残っていない酒も数点ご用意。

たくさんの方においでいただき盛大のうちに終えることができました。

数ある中で印象に残った酒は二つ。「龍力・大吟醸・生・冷やおろし・氷温9年熟成」と「龍力・純米・山田錦・生・冷やおろし・氷温10年熟成」です。

2つとも地元・姫路の酒になってしまいましたが、群を抜いていました。やはり、原料の米の格の違いでしょうか。熟成すればするほどおいしくなる、そんな気さえするような味わいでした。まるで極上の白ワインのような・・・。

お料理も素晴らしかったのですが、中でも珍しいのが「山田錦のわら包み」。

ある蔵元さんにお願いして酒米の王者・山田錦を分けてもらい、それを御飯物としてご提供。生松さんの大将いわく「何度か試してみたけど、最初は失敗した」とのこと。水加減、火の通し方などものすごく工夫されていました。

何で写真に撮ってないんでしょう・・・

初めて「食べた」山田錦、感動でした。

もちろん普段「山田錦のわら包み」はメニューにはありませんが、ここのお料理は絶品です。上品で繊細、これぞ日本料理、というお料理をいただくことができます。ぜひ一度行ってみてください。

アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

konitan

ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。皆様においしいワインや日本酒をお届けするため日夜奮闘中。

ワインと地酒 エスポアこにし
兵庫県姫路市飾磨区付城1-68
TEL079-237-0010/FAX079-237-1600

【ニックネーム】
masayuki

【興味のあるもの】
ワイン
日本酒
食べること
サッカー

【好きな言葉】
One for All,All for One

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ