エスポアこにし ブログ

兵庫県姫路市の酒屋「エスポアこにし」スタッフのブログ。 日本ソムリエ協会認定ソムリエ。 ワインや日本酒に囲まれ日夜奮闘中。 他では手に入らない現地買い付け直輸入ワインも取り扱い。 日々の出来事、お酒の紹介、当店主催のワイン試飲会など、楽しくお伝えしています。 【ワインとお酒 エスポアこにし】 姫路市飾磨区付城1-68/TEL079-237-0010/日曜・第3月曜定休/OPEN9:00-19:00

2011年03月

田中酒造場・蔵見学

先日10名ほどのお客様と一緒に姫路は広畑の酒蔵、田中酒造場へ蔵見学に行きました。
こんなところに酒蔵が?と思うような普通の町の中にあるこの酒蔵、木造の酒蔵は江戸時代末期のものがきれいに残り、そのまま酒蔵として今も使用されています。
当主・田中康博社長のお話によると、現社長が酒蔵に帰ってきた30年前には一度コンクリートの酒蔵にしようと思っていたところ、ある方に「そんな貴重な酒蔵をなくしてはいかん。大事に残しなさい」といわれたのをきっかけに、思い直し現在に至るそうです。
個人的には酒蔵、特に地方の地酒蔵はやはり木造の酒蔵であってほしいです。おいしいお酒ができる雰囲気がぷんぷん(実際麹?の甘ーい香りが漂っています)、微生物の働きを利用する酒造りにおいてはこうした「酒蔵の木材」もその味わいに一役買っているはずです。

P3050009P3050014

P3050017P3050010







貴重な発酵途中のお酒も見せていただきました。なんとそれを少し味見させていただけました。まだまだ日本酒になりかけている状態でしたので酸っぱかったです(笑)
さらに出来上がった麹米(麹菌を繁殖させた米。これと水と蒸した米でお酒を仕込みます)も味見。一言でいうと「栗」のような風味です。この「栗」の風味が出ないといい麹ではないそうです。

つくりの違い、精米歩合の違い、搾り方の違いなど、やはり実際に現場で見るのは毎回勉強になります。水に対する考え方など色々なことを教えていただきました。

P3050018






見学後は大吟醸や純米酒を飲み比べ。同じ蔵の酒でも目指すところの違う酒です。冷酒向き、燗酒向きなどそれぞれのスタイルの違いがよくわかります。

その後は場所を変えて、料理と田中酒造さんのお酒を楽しむ懇親会でした。

お忙しい中、時間を割いていただいた田中社長と岸杜氏、本当にありがとうございました。

















大震災について

東日本で起きた大震災、日に日に被害が大きくなっています。昨日の定休日、西日本に住む自分でさえ、ずっとテレビにかじりついていると不安な気持ちで一杯になりました。被災された地域の方が一人でも多く救われ、一刻も早く元通りの元気な東日本に戻るよう、ただただ祈るほかありません。原発の件もあります。政府や東京電力、自衛隊、また海外の国々や組織の協力を得て、なんとかいい方向に向かってくれることを願います。

自分にできることは限られています。わずかばかりの義援金や募金、節電など、できる限りのことをすることしかできません。

テレビやラジオなどで悲惨な報道に接するたび、自分の日常がどれだけ恵まれているのかを思い知りました。被災地のかたがたにも、元通りの、当たり前の、幸せな日常に戻ってほしい。

一日でも早く被災地に元気が戻りますように・・・。

太子町の酒、旭龍

先日、30年ぶりに復活する揖保郡太子町の日本酒蔵「旭龍」の復活祭へ行ってきました。現当主上田護国さんは国税庁で酒税を管轄する鑑定官という仕事をされていた方。業界では非常に有名な方で、退官後はしばらく酒造メーカーのコンサルタントをされていました。そのため酒蔵は後継者難のため「休造」していたのですが、網干の酒蔵「龍力」の全面協力を得て復活することに。1年ほど前に偶然当店にワインを買いに来られ初めてお会いしましたが、まさか日本酒を造られることになるとは夢にも思っていませんでした。

《長らく酒造りを休んでいた太子町松尾の「松尾酒造」(上田護国社長)で再び酒造りが始まり、代表銘柄「旭龍(きょくりゅう)」(純米酒)の搾り作業が報道陣に公開された。復活を応援した姫路市の酒造会社「本田商店」(本田真一郎社長)は「たつの市、太子町の揖龍地域では30年ぶりの清酒製造。地元で酒を造り、酒に親しむ機運を盛り上げたい」と意義を説明している。

 本田商店によると、松尾酒造は1980年ごろ、大手メーカーの製品に押されて休造した。一方、本田商店は元国税局鑑定官の上田社長から助言を得ている。この関係から、本田商店が支援をかってでた。

 先月初めから酒米「神力米」とこうじ計約250キロなどをタンクに仕込み、月末から搾り機で搾り始めた。味はすっきりした辛口。松尾酒造は今月中にも製品化を予定しており、復活祭も計画している。》毎日jpより抜粋

P3010002P3010008

P3010008P3010006

P3010007110301_1735~01

貴重な体験をさせていただきました。業界誌の方に聞くと、全国的にも珍しいとのこと。日本酒が売れないこのご時勢に素晴らしいチャレンジですよね。

米、水、道具などはすべて龍力から借りてつくるわけですが出来上がる酒は見事にタイプが違う。龍力の同じ「純米・神力・生」に比べると、強い旨みが控えめで、ドライな味わいに仕上がっています。おもしろいものですね。

入荷しております。できれば同じ米・水・つくりで、できる場所だけが違う2本を比べていただくと楽しさ100倍です!

◆旭龍・純米・神力・生 500ml ¥1575
◆龍力・純米・神力・生 720ml ¥1575



ワインスクール締切間近!

4月開講のワインスクールが締め切り間近となっています。ご希望の方は3月20日までにお申し込みください。

今回は【初級】【中級】【上級】の3クラスを募集します。どのクラスもまだ若干空きがございますので、迷っている方はこの機会にどうぞご参加ください。

【内容】
毎回5種類程度のワインを試飲しながら簡単な講義を聞いていただきます。
ワインを覚えるなら飲み比べることが一番の近道!各コースとも一度通うと全5回で計25種類のワインが試飲できます。
このワインスクールは「お勉強」よりも「楽しむ」ほうがメインです。お酒も入り和やかな雰囲気で会は進んでいきます。ワインを通じて色々な人と出会えるのもこの会の隠れた魅力です。
初級コースでは平均2,000円程度のワインを使用しますので、もし一人で買えば2,000円×25種類=50,000円かかるところが、たった15,000円で済むので大変お得です。
ワインの基本から世界各地のワインの個性まで、知らず知らずのうちに覚えられます。
軽い食事(パンとチーズ)付。

■初級コース3期生
日時:4/3(日),5/15(日),6/5(日),7/3(日),9/4(日) 14:00~15:30
受講料:15,000円(3,000円×5回)
※初級コースの方はスクールで使用する「国際規格テイスティンググラス6個(4,092円)」をご購入いただきます。お手数ですがグラスは毎回ご持参ください。

■中級コース2期生(初級コース卒業生対象)
日時:4/3(日),5/15(日),6/5(日),7/3(日),9/4(日) 16:30~18:00
受講料:20,000円(4,000円×5回)

■上級コース1期生(中級コース卒業生対象)
日時:4/10(日),5/22(日),6/12(日),7/10(日),9/11(日) 16:30~18:00
受講料:25,000円(5,000円×5回)

 

初級コース

中級コース

上級コース

最上級コース

(今回募集なし)

第1回

ワインの開け方

フランスワインⅠ

ドイツワイン

自然派ワイン

第2回

ワインができるまで

フランスワインⅡ

スペインワイン

ボルドーワイン

第3回

世界のワイン産地

イタリアワイン

ニューワールドの

ワインⅠ

ブルゴーニュワイン

第4回

ブドウ品種Ⅰ

ワインと温度

ワインとグラス

ニューワールドの

ワインⅡ

日本のワイン

第5回

ブドウ品種Ⅱ

料理との相性

ワインの熟成Ⅰ

ワインの熟成Ⅱ


※会場:エスポアこにし2Fセミナールーム
※定員:各コースとも10名
※講師:小西将之(日本ソムリエ協会ワインアドバイザー)
※欠席の場合の返金はできかねますが、代わりの方の参加は大歓迎です。代わりの方もおられない場合はワイン10%OFFのチケットを次回スクール時にお渡しします。
※受講料を収めた時点でお申し込み完了となります。3月20日までにお申し込みください。
※店頭、電話、eメールなどでお申し込みください


かさがた温泉 せせらぎの湯

ひっさしぶりの更新です。忙しさにかまけてまた放置してしまいました。少し落ち着いてきたのでがんばって更新します

こないだの休みにいってきました!
「かさがた温泉 せせらぎの湯」
http://www.seseraginoyu.com/

姫路市の北、市川町にある温泉。きれいな空気と評判のいい泉質が楽しめる、山あいの温泉。

今回は時間がなくて、ふもとの茶店にお昼を食べに行っただけで温泉には入りませんでした。

その茶店がすごいんです
何の変哲も無いテーブル席?
110301_1311~01






よくみると・・・
110301_1311~02





足湯になってるんです!ここで足湯につかりながらご飯をいただける・・・幸せです、プライスレスです。特に料金も発生しないのでかなりおすすめであります。

麦とろろ膳をいただきました。豆腐や漬物も手作りされているようで、ほっと落ち着くおいしい料理でした。

110301_1344~01






お腹一杯+心も体もぽっかぽかになって帰ってきました。まわりは杉や日檜の山だらけで、空気がすごくおいしかったのもよかったです。「空気がおいしい」って普段思わないですよね。明らかにおいしかたです!

ぜひ一度行ってみてください。静かでいいところなのであまり宣伝したくないんですけど(笑)
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

konitan

ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。皆様においしいワインや日本酒をお届けするため日夜奮闘中。

ワインと地酒 エスポアこにし
兵庫県姫路市飾磨区付城1-68
TEL079-237-0010/FAX079-237-1600

【ニックネーム】
masayuki

【興味のあるもの】
ワイン
日本酒
食べること
サッカー

【好きな言葉】
One for All,All for One

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ