かなり空いてしまったんですが・・・ワイナリーツアーの続きです。

旅行3日目、前日と同じくラングドック地方のワイナリー、ドメーヌ・ムリニエへ。「Saint-Chinianサン・シニアン」という内陸の深い山の中にあります。
IMG_2501







実はこのワイナリーの当主ステファン・ムリニエさんは数年前に姫路へ来てもらったことがあります。数年ぶりの再会の挨拶を済ませると早速醸造所とセラーを見学。

ホワイトボードを使って丁寧に説明してくれます
IMG_2494







清潔で広い樽熟成庫。地下なので冷房設備が無くても年間を通して10℃~15℃だそうです。空調費はもちろんゼロ。う、羨ましい・・・。
P5260247_01







その後醸造所に併設してあるテイスティングルームのような場所で数種類をテイスティング。

BlogPaint






ここのワインはどれもスパイシーな風味を感じます。どのワインもシラーを多めにブレンドしているからでしょうね。しかしどれもおいしく、コストパフォーマンス抜群です。果実の風味がたっぷりで、比較的渋みを感じないので、赤ワインを飲みなれていない方にもオススメです。

醸造所前の畑を見学&記念写真。よく手入れされていてきれいです。

IMG_2500IMG_2504







終わるとちょうどお昼ごはんの時間に。ステファンが近くの小さな町にあるレストランへ連れて行ってくれました。
IMG_2507







店の奥にあるテラスで昼食。めちゃくちゃ流行っています。周りをみると平日のお昼にも関わらずみんなガンガンワインを飲む。羨ましいな、この文化・・・。

ただこの日の夜にはローヌのワイナリーに行かなけれなばいけないのに・・・注文してもなかなか出てこない・・・。おおぅ・・・。日本みたいにささっと食べて、はい終わり!、みたいな昼ご飯ではありません。

帰り際もなんだか急いで帰る僕らを見て、「え、もう帰んの?」みたいな反応のステファンでした。ホントごめんなさい・・・。次回はもっとゆったりとしたスケジュールを組みます・・・。

挨拶も早々に、この日夕方に訪問予定のドメーヌ・ジャン・ダヴィッドのあるコート・デュ・ローヌ地方へ向かいます。