昨日、8年ぶりに来日したフランス、ブルゴーニュの伝説的造り手、クロード・デュガのテイスティングセミナーに参加してきました。場所は大阪です。

__ 1
__ 2






当店では20年近く継続して取り扱っている造り手。ジュブレ・シャンベルタンといえばまず名前の出てくる生産者であり、ブルゴーニュ全体を見渡しても10本の指に入ると言えるほどの生産者です。出来の良くないといわれる「オフ・ヴィンテージ」ですら、かなりの高品質なワインを作っています。この人のつくる「ブルゴーニュ」は、並の生産者が造る格付では上のクラスにあたる「ジュブレ・シャンベルタン」よりも高いことで知られています。

ちょっとややこしい話ですが料理に例えると・・・一流料理人のつくる「卵焼き」が、ぼくの造る「ステーキ」より高い・・・そんな感じですかね。素材の差を調理技術で凌駕するようなイメージです。

まぁその分お値段もそれなりに高くはなりますが・・・

写真でしか見たことが無かったので、ムスッとした怖い方だと思っていました。が、完全に偏見でした・・・。常ににこやかで少しシャイ。はにかんだような笑顔がステキな方でした。

しかしワインの話になるとにこやかながら真剣。ずーっと有機農法を続けておられ、ワインと自然に対する愛情に満ち溢れているのがすごく伝わってきます。やはりおいしいワインは、いい「人」が造るんですね。本当に感動しました。

ワインは言うまでもなく美味しいです!熟したイチゴやカシスのような濃密な果実味、妖艶な香り。今飲んでもおいしいですが、熟成したときの香りと味はえらいことになりそうです。

写真を撮っていただきました。握手したときにごつごつした手が気になったので写真を撮らせてもらいました。まさに畑仕事をしている男の手です。本物の職人の手です。

__ 1__ 2












本当に貴重な経験をさせていただきました。ご紹介いただいたインポーターのMさん、ありがとうございました。