すっかり秋ですね。急に涼しくなるので寒すぎるくらいです(笑)

先日、勉強に神戸ワイナリーでぶどうの収穫作業とワイナリー見学をさせてもらいました。
100922_0942~01100922_1239~01
はじめて食べました、カベルネ・ソーヴィニヨン!ワイン用のぶどうは食用と違っておいしくないと聞いていましたが、ところがどっこいかなりおいしい!食用に比べると皮が厚く、その皮から抽出されるタンニン分やポリフェノールといったものが、赤ワインの場合だと色の濃さや渋みへと変わるんです。

100922_1055~02100922_1052~01















その後ワイナリーの中へ入り発酵中のワインを特別に飲ませていただきました。神戸ワインの中で最上級クラスの「べネディクシオン」というシリーズの白と赤を試飲。去年から販売しているそうです。白は新樽熟成に由来する高貴な香りとそれに負けない果実味、赤はメルロの豊かな香りと柔らかなコクがよく引き出されています。非常によかったので1ケースづつ予約してきました。2年前にフランスで「エノログ」というワイン醸造の国家資格を取得した女性醸造家が帰ってきて、試行錯誤しながらいいワインを造ろうと懸命に努力しているのが営業の方や栽培の方、醸造責任者の皆さんから伝わってきました。

何事も聞くよりも行ってみることですね!新しい出会い、発見があります。神戸ワインさん、ありがとうございました。