ワールドカップも各チーム1試合を消化しました。スペインが負けたり北朝鮮がブラジル相手に善戦したりと色々ありました。そしてわれらが日本はカメルーン相手にしっかりと勝ってくれました!「本田の1トップ?岡田監督ご乱心か!?」と疑っていたわたくしですが・・・謝ります、ゴメンナサイ。かつて日本に強豪相手にあれだけキープできるFWがいたでしょうか?松井や大久保ら周りの選手もより活きていましたね。岡田監督の勇気ある決断に敬意を表したいと思います。明日はオランダ戦・・・今からドキドキですね!どうなることやら・・・

さて先日、店を閉めてから友人と2Fセミナールームでワインを楽しみました。食べ物は持ち寄りで。
CA3B0237CA3B0238
お手製のトマトとモッツァレラチーズのサラダや姫路本町「イル・カーポ」のカツレツなどなど

CA3B0241











携帯のテレビでワールドカップを見ながら(聞きながら?小さすぎてほとんど見えません)

主役はこちら
CA3B0242











レディ・ガッフィ 1999 トゥアリタ
(赤、イタリア トスカーナ州)

いわゆる「スーパートスカーナ」と呼ばれるワインのひとつ。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロといったフランス・ボルドー系のブドウ品種を使用し、ボルドーのトップシャトーを目指した造りをするのが「スーパートスカーナ」。ゲーム機の販売業をしていたオーナーが、1984年、妻とともにはじめたワイナリー。今ではイタリアを代表するワイナリーに。

このレディ・ガッフィはメルロ種100%、このワイナリーを代表する銘柄。1999年ものでしたが、まだまだ若い。デキャンタしてさらに時間を置いても一向に開きません。以前試飲会で2007年を飲んだときに「20年くらい置いたほうがいい」とコメントしていました。このワインに関しては大げさな話ではないことがよくわかりました(笑)果実の凝縮感、コーヒーやチョコやバニラなどの複雑な香りなどすごいポテンシャルを秘めたワインですが、まだ10年間くらい熟成させないと本当のおいしさは出てこないような感じでした。気の長い話ですね・・・。いつか本当の飲み頃に入ったものを飲んでみたいです。しかし贅沢な時間を過ごさせていただきました。

感謝