先日、姫路市本町のイタリアン「イル・カーポ」でワイン会を行いました。ここのオーナーシェフの名前はうちと同じく小西さん、というご縁から始まり、お付き合いさせていただいています。

HPはこちら→http://www6.ocn.ne.jp/~ilcapo/index2.html

まだ若いシェフはオープン前の3年間をイタリア・マルケ州のレストランで修行。本場仕込みの洗練されたリストランテ的な料理が食べられる店。料理もワインもマルケ州のものを軸に、こだわりをもって提供されています。

CA3B0166CA3B0163

CA3B0165





またもや写真を撮り忘れました・・・唯一撮ったのが最初の冷製スープだけ食欲の前には理性が働かないようです(笑)シェフの遊び心がちょいちょい盛り込まれた、上品でおいしい料理たちでした!

ワインはイタリアの最高級ワインのひとつ、「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」をメインにすえ5種類を楽しみました。

CA3B0169








ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2004 ペルティマリ
(赤、イタリア トスカーナ州 ¥8400)

ブルネッロ種はサンジョベーゼ種の親戚的ぶどう品種。樽熟成からくるバニラ系の甘い香りや品のよい果実味は感じますが、まだまだ香りも味も開いてないのでデキャンタしてみました。するといくらか香りが開き、味わいは酸味が落ち着いてまろやかに変身。ワインのもつポテンシャルは感じ取ることができました。できれば10年くらい寝かしてから飲んでみたいですね(贅沢!)


なんと一番人気はこやつ
CA3B0170








ミッレウヴェ・ロッソ N・マンフェッラーリ
(赤、イタリア マルケ州 ¥2835)

オーナーシェフの修行の地、マルケ州の赤。モンテプルチャーノ種とサンジョベーゼ種が半分半分。めちゃめちゃフルーティで開けたてから果実味全開!ほどよい凝縮感で料理との相性も◎。コストパフォーマンスを考えるととても素晴らしい赤ワインでございました。