得意先の依頼で仕入れたワイン
091203_2327~01










JLFニャンニャン(フランス・ラングドック地方 ¥1995)

何でも得意先の料理屋さんのお客様が東京に出張した際、星付きのレストランでソムリエにすすめられて飲んだらしく、それほど高いワインでもないのにそのおいしさに驚いたそうです。

「JLF」とはこのワインの誕生に携わった3人の頭文字です。ちなみにJはロワール地方で活躍する日本人醸造家・新井順子さんのJ。Lはシャトーのオーナー・レティシアのL、Fは栽培&醸造を担当するブルゴーニュの雄フレデリック・コサールのF。

「ニャンニャン」とはぶどう品種「カリニャン」から。南仏やスペインで栽培されるぶどう品種です。

開けたては自然派ワインといわれるジャンルのワインに多い、還元香があります。還元香とは酸化防止剤である亜硫酸を使わない、もしくはごく少量に留めているワインから発生する、硫黄のような香りのことで、グラスに注いで空気に触れさせてあげると消えます。一番早いのはデキャンタすること。

デキャンタして、還元香とあえて残してある炭酸ガスが消えた後に、本来の果実の味わいがぐんぐんと開いてきました。びっくりするくらいに変貌します。前述の東京のソムリエさんも、デキャンタをしてサービスされたんじゃないかな?

デキャンタする前と後、2つの味と「自然派ワイン」のおもしろさが体験できます。少しだけ在庫ありますので、ご希望の方はお早めに。

弓削牧場のカマンベールチーズ
091208_2021~01












10日ほど経ちましたが、まだまだ若い・・・「購入後2~3週間後が食べ頃です」と書いてありましたが、1ヶ月以上置いてたほうがいい気がします