エスポアこにし ブログ

兵庫県姫路市の酒屋「エスポアこにし」スタッフのブログ。 日本ソムリエ協会認定ソムリエ。 ワインや日本酒に囲まれ日夜奮闘中。 他では手に入らない現地買い付け直輸入ワインも取り扱い。 日々の出来事、お酒の紹介、当店主催のワイン試飲会など、楽しくお伝えしています。 【ワインとお酒 エスポアこにし】 姫路市飾磨区付城1-68/TEL079-237-0010/日曜・第3月曜定休/OPEN9:00-19:00

シャンパン

ものっすごい久しぶりの更新です・・・(^^;

仕入先の某ワイン輸入商社さんより、今年のシャンパンの収穫、醸造の一部なんかの動画が届きました。

「セルジュ・マチュー」という、自社でブドウを栽培し、醸造から瓶詰まで一貫して手がける小規模生産者の映像。

無名ながら、シャンパーニュ南部最高といわれる造り手でもあります。

お時間のある時にぜひ!(youtubeです)

https://www.youtube.com/channel/UC-VgDYgk9rAx9g1o7e2RLQg

見てると絶対にシャンパン飲みたくなります!(笑)



しかしyoutubeって便利やね~


セルジュ・マチュー、当店で取扱いしてます。ご興味あればぜひ(*´▽`*)


FullSizeRender

シルバーウイークの営業予定

かなり更新がご無沙汰になってまして・・・(^^;

シルバーウイークの営業予定のお知らせです。
日曜日以外は開いていますので、ご来店お待ちしております!


日程

店舗営業

配達

 

 

 

 

 

9

19

(土)

9:00-20:00


 

20

(日)

×

×

 

21

(月・祝)

10:00-18:00

×

 

22

(火・祝)

10:00-18:00


 

23

(水・祝)

10:00-18:00

×

 

 

 

 

 


なお上記以外は通常営業です。


先日のワイン教室(のアフター)で開けたワイン↓

IMG_3846








フランク・ボンヴィル ブリュット ブラン・ド・ブラン ミレジメ 2009
6千円台

RMと呼ばれる自家葡萄、自家醸造の小さなシャンパンハウスのもの。
シャルドネ100%。
通常は複数年をブレンドするシャンパンですが、こちらは良作年限定の単一年もの。

中身を考えるとかなりお値打ち!

良く熟した上品なフルーツ感。スッキリ爽やかだけではなく、並のシャンパンとは違う明らかな複雑さを感じます。

秋なんで深みのあるワインがなおさらおいしく感じられました。

オススメですよん!

アフターワイン教室

またもやワイン教室後のアフターワイン会(というよりただの飲み会?)

食べ物はいつもの持ち寄り


IMG_3639







これは僕が作った、白ネギとマテ茶鶏のソテー

クックパッドで発見、簡単でおいしそうだったので作ってみました
"
http://cookpad.com/recipe/2536337"

なんと材料は白ネギとこれだけです ↓

IMG_3651















ウチで売ってる、マテ茶鶏のオリーブオイル漬け 497円

ちょっといい缶詰め。これ以外の種類もどれもクオリティが高い!

白ネギとこれを一緒に炒め、仕上げにブラックペッパーを振るだけ。

オリーブオイルや白ワインを使ってるので、ワインとの相性は抜群です。



ワイン教室のテーマはニューワールドだったので・・・

↓ こんな感じ

IMG_3638








アフターではフランスの白と赤をチョイス


IMG_3643








白 プイィ・フュメ 2012 セルジュ・ダグノー


フランス ロワール地方の白。

きれいな酸と、白桃のようなほどよい果実感が秀逸!

全体的に漂う清涼感が暑い時期に最高においしい。


そしてそして・・・今回はちょっといい赤を開けました


IMG_3644







ジュブレ・シャンベルタン 2000 クロード・デュガ

フランス ブルゴーニュ


「最もロマネ・コンティに近い存在」とも評される、ジュブレ・シャンベルタンの造り手クロード・デュガのもの。

セラーで眠っていた2000年に起きていただきました(笑)

もう少し熟成感が出ているとおもいきや、びっくりするほど若々しい!

写真を見てもわかるのですが、縁がわずかにオレンジがかっているかな・・・くらいでまだまだ若さを感じる色。

香りからして別格で、フルーツに混じり、熟成したブルゴーニュ特有の森の香り。

マイナスイオン系の香りです(笑)

香りのボリュームと複雑さが、並の造り手とは明らかに一線を画していて・・・

味わいの余韻も長く、いつまでも鼻腔に香りが残ります。

いや~、感動的でした。

本当にピークといえる飲み頃はまだ先のような気がする・・・('Д')

そのくらいまだまだポテンシャルを感じます。

まだこの上には1級、さらには生産量数樽しかない特級もありますが・・・そのクラスなら30年くらいしてからが飲み頃なのでは・・・?とすら思うほど

気の長い話やな~( ;∀;)


ご参加の皆さん、ありがとうございました。

この会、素敵すぎる!







誕生年のワイン

先日嫁入りしたワイン

IMG_3648















シャンボル・ミュジニー 1級 レ・オー・ボー・ブリュン 2010年 ドゥニ・モルテ


ある方のお子様の誕生年2010年で、二十歳になったときに一緒に飲んでおいしいワイン・・・ということで、探しました。

今から15年間、ご自宅のセラーで眠りにつくそうです。

気の長い話ですが・・・素敵ですね!

15年後、香りも味わいもさぞかしおいしく熟成してるでしょうね~。


想像するだけで、なんだかこちらも幸せな気分になるのが不思議。

ワインも嬉しいでしょうね(*^^*)

美味しくなってもらいましょう!




限定クラフトビール入荷

大雑把にいうと店内の品揃えは・・・

ワイン7割/日本酒2割/その他1割

という感じなので、ほとんどビールは置いてないのですが・・・

いいビールが入りました!

しかもスコットランドからはるばるやってきました。


IMG_3601














オークニー醸造所という小さなブルワリーのもの。

濃色系の「ダーク・アイランド」と、

それをベースに3~4か月樽熟成させた「ダーク・アイランド・リザーヴ」

の2種。

つまり同じビール(アルコール度数は違いますが)の樽熟成していないものと、樽熟成したもの。

飲み比べると、どちらもはっきりと個性があり(特にリザーヴは)、なおかつ旨い!

ぜひお試しくださいまし~


ダーク・アイランド(樽熟成なし、アルコール度数4.6%) 330ML ¥702

IMG_3605







IMG_3606








ダーク・アイランド リザーヴ(樽熟成あり、アルコール度数10%) 330ML ¥1620

IMG_3604







IMG_3603









よろしくお願い致します。数量限定ですのでお早目に!


IMG_3607







この略し方、かっこええな~・・・

ハーラン・エステート

先日、いつもお世話になっている輸入業者さんよりお誘いいただき、大阪のプロ向けワインセミナーへ。

カリフォルニアのカルトワイン、ハーラン・エステートの御子息、ウィル・ハーランさんが来られていました。

とんでもないワインをテイスティングできるらしいので、勉強がてら行って参りました!


IMG_3553






IMG_3540






IMG_3543

















テイスティングしたワインは4種

①マスコット 2011年(ウィルさんが手がけたハーランの新アイテム、3rdワインに当たります)

②ハーラン・エステート 2011年

③ハーラン・エステート 2007年

④ハーラン・エステート 2006年(パーカーポイント100点、泣く子も黙る?)


ワイン好きなら誰もが知る、一度は飲んでみたい、まぁミーハーと言えばミーハーなワイン。

時にはミーハーも大事・・・かなと

たしか「社長・島耕作」もよく飲んでいたような気がするし!



どれもまぁ、(味も値段も 笑)とんでもない、素晴らしいワインです・・・

当たり前ですが、大変おいしゅうございました。

そうそうウチで売れるワインではないのですが、こういうワインをテイスティングしておくことも重要だと思っています。

なぜなら、今現在、ウチで取扱いしているワインの実力、立ち位置がはっきりとわかるからです。

「あのワイン、ハーランよりだいぶ安いけど、品質は負とらんな・・・(*´▽`*)」

と頭の中でイメージしながら飲んでました。

改めて自信をもってオススメできるな!・・・と。

そう思ったワインがいくつもありました。

それだけでも十分に収穫があります。


IMG_3557






IMG_3563








普段はこうしたセミナーの場合、全部飲まずに残すのですが・・・

今回ばかりは、もったいなくて全部飲み干しました!(笑)

ふと周りをみると、参加者ほとんどのグラスが空・・・

そらそうなるわな~ 笑


とても幸せな時間であり、とても勉強になりました。

ご案内いただいた、Nワインさん、ありがとうございました。

ゴールデンウイークの営業予定(^^)/

ゴールデンウイークの店舗営業は以下の通りとなります。

元気に営業しておりますので、ご来店お待ちしております(^_-)-☆


【4月】

29日(水・祝) 営業 9:00-18:00


【5月】

3日(日) 定休日
4日(月・祝) 営業 9:00-18:00
5日(火・祝) 営業 9:00-18:00
6日(水・祝) 営業 9:00-18:00


なお祝日は配達はお休みをいただき、店舗のみの営業となります。

上記以外の日は通常営業となります。



IMG_3234









IMG_3235








写真は、ワイン教室後の持ち寄りワイン会で飲んだワイン。

最近、上級コースの方たちと教室後一人一品持ち寄りで、1Fでワインを買ってワイワイやっています。

6、7人で割り勘するので、いいワインがリーズナブルに楽しめると好評。

僕もワインの確認ができるし、何より楽しい。

参加者全員、ワイン教室よりこっちのほうが気合が入っているとかいないとか・・・



どうぞよいゴールデンウイークを!

臥龍梅

日本酒、新規取り扱いのお知らせです!


日本のブラジル、静岡県清水市より「臥龍梅(がりゅうばい)」が入荷しました。

偶然神戸で飲んで、あまりの旨さに翌日すぐ蔵元さんに電話…。めでたく取扱いさせていただけることに。

ひとまず以下の2種が入荷しています。

臥龍梅 純米吟醸・生貯蔵・超辛口
720ml 1,458yen/1,800ml 2,916yen
清涼感溢れる爽やかな旨さ、料理を選びません


臥龍梅 純米大吟醸 袋吊り斗瓶囲い 短棹渡船
720ml 2,592yen/1,800ml 5,184yen
めちゃくちゃ上品でシルキー、旨すぎる!

よろしくお願い致します。

IMG_2794IMG_2796

龍力 搾り体験 その2

その後、事務所3Fで懇親会


衝撃の仕出し弁当(手前下段は食べかけ・・・笑)

0126b561dd48f041d41feec5edc0444636709329b4









初体験です!ご飯系、一切なしの仕出し弁当。
見事にちりばめられた酒のアテ。
誰かが「酒飲みの宝石箱や~」と言ったとかいわなかったとか・・・
「酒飲みにはたまらんよね~」と皆さん絶賛でした。

ご飯はこれと別に巻きずしが用意してありました。

蔵元さんが用意してくださったオデンも。


しばらくすると、さっき搾ったばかりの大吟醸が出てきました。
一同「待ってました~!」
今日はこれを飲むために来たと言っても過言ではありません。

0196e0d20c4204f60abca53a268f1ddb71141db0b7









ラベルなし、びんだけ。
搾った直後で薄く・・・どころか思いっきり濁っています。

もぎたての青リンゴのようなフレッシュ&フルーティ感、少し炭酸があってピチピチ感も。

めちゃくちゃおいしいです!

最高の大吟醸を、酒蔵に行って自分で搾って、その場で飲む・・・

毎回思うのですが、これ、世界で一番贅沢なお酒の楽しみ方ですよね。


気になる方は3月中旬に入荷しますのでぜひ買ってくださいネ。

ご予約受付中です。


大吟醸・生 「私が搾りました」 720ml ¥5,400

01182c9601719917535c0983e7887dae5788d66bff0197df3c3d5fa7d10bb388ded0d84c3372ffc3d22601bb1dfb9cf696201f516d0395dab986ff773dad5e












龍力 搾り体験

限定酒の会、「美酔倶楽部」のイベントで網干の龍力さんへ


01a2d294096927963de982d683889d20beff51866301f137d64b4aba0648eb90356b22715e40fdf687f0












日本でも十数件しかやっていない、全量自社精米、すんごい精米機があります

0142954f4bbd20bbb7fc1390d75f691b114ce10597016298c487d52c8263ac4ff0e3d46ecd257ec4040e












そしてメインエベント~搾り体験!

しかも普通のお酒ではありません。
なんと5月の鑑評会出品用の大吟醸酒!数本仕込むタンクの中から、頃合いのものを1本、このイベント用に搾らせてもらえるんです。

ほぼ毎年参加してますので、手馴れてきてベテランの域になりつつある(笑)


01d88e751d47d2fada29c89a4212af95e899467d96








タンクの上に棒を通し、それに醪(もろみ)の入った袋を吊るしていきます。

醪は、搾る前のドロリとした液体。甘酒みたいなイメージ。

これを目の粗い布袋に入れて、袋から滴り落ちるのがお酒、袋の中に残るのが酒粕です。

ざっくりとした説明ですが・・・


これが、お酒が生まれる瞬間です

01160232e07b300ea9cdad56434030da30d86c230b













搾ったタンクの前で記念撮影

01eca23ba8c4f58803458c9d3e506f74d99ce696cf












続く・・・

アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

konitan

ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。皆様においしいワインや日本酒をお届けするため日夜奮闘中。

ワインと地酒 エスポアこにし
兵庫県姫路市飾磨区付城1-68
TEL079-237-0010/FAX079-237-1600

【ニックネーム】
masayuki

【興味のあるもの】
ワイン
日本酒
食べること
サッカー

【好きな言葉】
One for All,All for One

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ